FeelFreeメニューバー左 HOME リーディング エッセンス 体験談 コトコのコト リンク
FeelFreeメニューバー右
みんなの体験談

凡例::リーディングの体験談 :エッセンスの体験談 :自己探索プログラムの体験談


 インナーチャイルドと向き合っています


福島さんの所は、フラワーエッセンスの作り方が知りたくて検索していて一番最初にヒットしたサイトでした。

今一番頼りにしている友人のヒーラー(本人に自覚無し)がよその星から来ていると知人に教わり(本人に自覚無し)、なんとなくコトコちゃんの13系と同じような気がして縁があるような気がして、品質の良さを感じてアロマオイルと単独エッセンスを注文しました。

そうしたら、問題が表面化してしまいました。フラワーエッセンスが効くとは思ってもいなかったので、最初何が起きたか解りませんでした。眠いし、お腹は張るし。それと自分の心に閉まっておいたものが出てきてしまいました。

顕在意識が求めているものと、潜在意識が求めているものの方向性が違うから苦しいのです。このとき、「去る」「分かれ」に凄く反応しました。頼りの友人が去って行ってしまう気がして動揺しました。

悲しみが襲ってきました。と同時に深い慈愛、永遠を求める気持ちが凄く強くなっている自分にも気がつきました。 「去る」「分かれ」からくる心の痛みは「インナーチャイルド」でありました。インナーチャイルドはずっと前から大人の私を苦しめてきました。この問題に焦点をあてようと強く決心しました。

そこで、調合エッセンスをお願いしました。特にインナーチャイルドについて言及していなかったのに、選ばれたエッセンスは自己受容や女性性の受け入れでした。

エッセンスが届くまでやたら苦しいので、苦し紛れにあるサイトでチャネリングでインナーチャイルドの癒しを電話でやっているというのでお願いしました。申し込んでから、そこで売っていたヒーリングアートを見て愕然としました。全然何も感じないのです。

お金を振り込んでも、なしのつぶて、受領のメールくらいくれてもよいのに、、、多分忙しいのだろうな。と思いましたが、ひっかかるものはひっかかる。そして、チャネリングの日の当日、私は90分コースを申し込んでいたのに、60分と勘違いしていました。

何か心にわだかまりのあるままのチャネリングのスタートでした。受けた後、心はもっと重くなりました。結局、たいした収穫はなかったです。チャネラーとの相性って大切ですね。

やっぱ、調合エッセンスだわ。と気を取り直して、届いたエッセンスを7滴朝夕で挑戦しました。頭が痛くなりました。そこで自分で選んだリトルスターを数滴とるとピタリと収まりました。と同時にエライからだが反応しました。全身の経絡がぴくぴくと動き、足なんて大きく振れます。

調合エッセンス先行で、リトルスター時々で自分でバランスをとりながら、勧めていったある日の明け方、沢山見た夢の最後にインナーチャイルドが出てきてくれました。ヒーラーの友人が同席していました。

夢から覚めた私はインナーチャイルドとの出会いを確信しました。彼女は寂しくて、誰かをそこに引き止めるために小難しいことを言って(相手に伝わらない話をわざと選んで)そこにとどまるように時間稼ぎをしていました。子供ながらに苦肉の策で誰かをそこに留めようと必死だったのです。

私は自分を知り、自分を受け入れました。「私は何も悪くなんかない!仕方の無かったこと。そして誰も悪い訳じゃない!」その言葉を何度も何度も言葉にしました。

声に出して泣きました。自己受容とはこう言うことだったのかと初めて知りました。私は我慢に我慢をかさね、自分の本当の気持ちを押し殺して生きてきたのです。

今、インナーチャイルドが心にしまっているものは、凄い真実なのだろうと感じています。「何か解らないけれど彼女は今の私が及びもつかない、凄い真実を知っている」と言う感覚、が私を包みます。

私はワンダーチャイルドだったらどうするんだろう、と想像してみました。にっこり笑って、「こんにちは!」「私の名前は○○です」「又今度私に会いにきてね」と言うんだろうなと思いました。

素直にストレートに。。。でも大人になった私でもとても恥ずかしくて、素直に自分を表現できないのです。何故恥ずかしく思うのか、今の所わかりませんがブロックがあるのです。このブロックに凄い真実が隠されている気がしてなりません。次の調合エッセンス、お願いしようと思います。


by プリムさん



FeelFree コトコちゃん
Email: info@feelfree.biz
禁無断転載/(但しリンクはフリーにどうぞ!)

Copyright 1996-2016 © E-Conception Pty Ltd
No reproduction or republication without written permission.